仙四郎の独り言..

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ドバイショック以来の200日線割れ

豪ドル円は、ドバイショック以来の200日線割れで週末となりました。


ドバイショック時は、翌週すかさず切り返して
一気に高値圏へと向かいました。

しかし、今回はどうでしょうか?


ユーロ円は、すでにドバイショック時の安値(126.8円)を割り込んで、
124.8円の安値を付けて現在125.1円となっています。

米ドル円も、52週線(93.7円)に阻まれて、
中期的に上値93.7円のレンジ相場の様相ですね。


以上を勘案すると来週も引き続き下値探りの可能性が高そうです^^;



今回の下げを主導しているユーロ円ですが、
長期フィボを見るとすでに50%押し(125.6円)を突破しています。

現在のところは、61.8%押し(122.4円)がターゲットでしょうか?


一方の豪ドル円ですが、38.2%押し(74.5円)までは想定範囲内でしょうね。

平均線で見ると、52週線(76.1円)があります。
現在上向きで、来週は76.5円くらいになると思います。


なお、日本の失業率改善と中国の利上げからの連想的な円買いなら、
調整は一過性に終わるかもしれませんね。


来週は重要な指標が続きます。
特に米国・雇用統計に向けての思惑的な乱高下に期待したいですね!










未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<通貨ペアの検討・・・ | ホーム | 第4四半期GDP>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。