仙四郎の独り言..

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ユーロドルが、1.25ドルを下抜け・・・

1.25ドルは堅そうに見えたユーロドルですが、
悪材料続出でとうとう下抜けてしまいました。。。


材料は、下記の通り。(DMM.comより)
1.フランスのサルコジ大統領がユーロ圏脱退も辞さない姿勢を示した。
2.スペインでデフレ懸念が浮上しスペイン株価が4.5%超下落。
3.「ギリシャを3カ月以内に格下げする可能性は80%以上ある」(ムーディーズ)

ノックアウトオプションが設定されていた1.2500ドルや
1.2450ドルの下抜けを狙った仕掛け的な売りも膨らみ、
一時2008年11月21日以来の安値となる1.2432ドルまで値を下げた。


さて、地合が悪いときには悪い材料が次々出てくるものです。
クロス円全体が、弱い地合に押されて下げていますが、
どこで地合が好転するのか、気になるところですね。。。

値動きがあるのは嬉しいところですが、
このままずるずると底なしになることだけは勘弁願いたいのですが・・・


為替ブログ 為替日記



未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<ユーロ主導の下げだが・・・ | ホーム | 金価格の上昇・・・>>

コメント

仙四郎様

ユーロは皆さん警戒していますから、決算よくて株価が上げて円安にと、今週後半には方向感が出ると思っていましたけど。

ユーロは加速したので自律反発待ちです

ファンダメンタルズ的に雑な私感ではあるのですけど

ユーロを建て直すのは難しく
先ずギリシャを建て直すには通貨を自由に変動させるべきで、独自で通貨を切り下げたり出来るようにユーロから離脱させるしかないのかな
無理かw

経済学者が箱庭で考えてることなんて所詮こんなもんでしょうね
リーマンと同じで在庫処分の福袋って感じです

ではでは

良い週末を

マダイ
2010-05-15 Sat 08:35 | URL | マダイ [ 編集 ]
おはようございます^^

ユーロの問題は、短期解決困難ですねぇ。。
ギリシャに限らず、あちこちで火が燻っている印象です。

これでデフォルトが出始めたら、収集が付かなくなります。
ソブリン債をどこがどれだけ保有しているか、
すでに調べは進んでいるんでしょうが、
リーマン時の状況に酷似していますね。。。
2010-05-15 Sat 09:26 | URL | 仙 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。