仙四郎の独り言..

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

MT4 データ取り込み法

理解できない人がいると思いますので、
データ取り込み法を詳細に掲載します。


まず、MT4を閉じる前は、M1(1分足)だけにしておきます。
他の足は全て消すこと。

af


そうしたら、MT4を閉じて、プログラム・ファイルを開きます。
そして、expertsの下にあるhistoryを開きます。

pf

いくつかのファイルが入ってますが、Demo Serverのファイルを開きます。
これまでに保存されていたHistory ファイルがあります。

demo


そこで、GBPJPYのファイルを全て削除します。

remove


削除が完了したら、プログラム・ファイルを閉じ、MT4を立ち上げます。
で、ツール ⇒ History_Center を開き、GBPJPYのM1をダブル・クリックします。

インポートを開いて、上部のBrowseでダウンロードしていた1分足を選びインポート。


import


1分足のインポートが終わりましたので、この1分足から他の足を作ります。
GBPJPYのM1を選び、Scriptから、period_converter_allを右クリックで選びます。

period_converter_allや、GBPJPYなどの1分足データは、ここに置いてあります。

pca


以上で、GBPJPYのデータ・ダウンロード完了です。

これで、Mismatched charts errorsは、ゼロになっているはずです^^
Modelling quality も、90.00%となります。




にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
m(_ _)m

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<EAの方は・・・ | ホーム | ポン円 売りが5枚になりました。。。>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。